callmekohei's blog

callmekoheiのひとりごと

deopleteがVim8に対応したので使ってみた!

f:id:callmekohei00:20171021053638p:plain

Summary

deopleteがvimにも対応した
deoplete-fsharpをvimでも使ってみたい
vimで使ってみた

環境

tmp$ sw_vers 
ProductName:    Mac OS X
ProductVersion: 10.12.6
BuildVersion:   16G29

require

vim8( with python3 )
cmake
nvim-yarp
vim-hug-neovim-rpc

vim8 ( with python3 )

// vim8( with python3 )がインストールされているか確認 ( +python3 になってるかどうか )
$ vim --version | grep python

// インストールされてなければインストール
$ brew update
$ brew reinstall vim --with-python3

cmake

// cmakeがインストールされているか確認する
$ cmake --version

// cmakeがなければインストール
$ brew update
$ brew install cmake

プラグイン

dein.tomlだとこんな感じ

[[plugins]]
repo = 'roxma/nvim-yarp'

[[plugins]]
repo = 'roxma/vim-hug-neovim-rpc'

deoplete branch

branchを切り替える(2017/10/21現在

// deoplete folderに移動
$ cd .config/nvim/dein/repos/github.com/Shougo/deoplete.nvim/

// 最新のdeopleteにする
$ git pull

// branchを確認
$ git branch -a

// branchを切り替える
$ git checkout yarp



余談

vim8neovimみたくしたくて下記の設定を.vimrcに書いたった(まだ途中)

"----------------------------------------------------------
" Vim8 
"----------------------------------------------------------
" backspaceを使えるようにする"
set backspace=indent,eol,start

" 検索結果をハイライトする
set hlsearch

" ステータスラインを常に表示(0:表示しない、1:2つ以上ウィンドウがある時だけ表示)
set laststatus=2
" statuslineにコマンド一覧を表示する
set wildmenu
" ファイル名表示
set statusline=%f
" 変更チェック表示
set statusline+=%m
" 読み込み専用かどうか表示
set statusline+=%r
" ヘルプページなら[HELP]と表示
set statusline+=%h
" プレビューウインドウなら[Prevew]と表示
set statusline+=%w
" これ以降は右寄せ表示
set statusline+=%=
set statusline+=%l,%c\ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ %P

余談2

多分ほとんどないと思うけどvimdeoplete立ち上げてエラーになったらおそらくソース側の問題。そのときはソース作者に連絡した方がいいかも〜。

ちなみにdeoplete-fsharpはエラーになったので修正しますた。。

deoplete-fsharpquickrunfsという機能をdeopleteの機能を変則的に使って実現してたのでエラーになったのよ。