F# Monkey

about

denite.vimの使い方

やりたいこと

denite.vimcolorsheme一覧を表示

一覧のなかからshineをえらぶ

手順

:Denite colorschemeと入力してリターン

f:id:callmekohei00:20170109163016p:plain


colorschemeの一覧が表示される

f:id:callmekohei00:20170109163024p:plain


ctlr oをおす(Normal modeにする)

f:id:callmekohei00:20170109171121p:plain


jをおして下まで移動してshineリターン

f:id:callmekohei00:20170109171136p:plain


shineになったー

f:id:callmekohei00:20170109171155p:plain


やりたいこと2

denite.vimbuffer一覧を表示

一覧のなかからneovimfs.fsxをえらぶ

手順

たとえばNeovimfsというフォルダがあるとします

Neovimfs [master]$ tree -L 1
.
├── README.md
├── bin
├── deopletefs.fsx
├── easyCompile.bash
├── neovimfs.fsx
├── packages
├── paket.dependencies
├── paket.lock
├── pic
└── quickrunfs.fsx

fsxファイルの目次をつくる

$ ls *.fsx > mokuji.txt

$ cat mokuji.txt
deopletefs.fsx
neovimfs.fsx
quickrunfs.fsx

vimを立ち上げてバッファに目次をよみこむ

→ 目次を作ることで任意の並び順にできるので便利!

→ 並び順が必要なければvim *.fsxでオーケー

$ vim
: args `cat mokuji.txt'

deniteでbuffer一覧を表示

: denite buffer

ctrl-oでbufferをえらぶ

f:id:callmekohei00:20170529081446p:plain

うーん。:lsと並びが逆なのが気になる・・・・

f:id:callmekohei00:20170529082856p:plain